千鳥ヶ淵緑道 桜散歩-Ⅱ

東京千代田区 晴れ 最高気温17℃ 無風

実は今朝のニュースで桜咲く千鳥ヶ淵が映ったので慌てて確認しに来ました(苦笑)

やはり温かい日差しを浴びて大分綻んで来ていますが、未だ2分咲きとも言えない気がします。

ソメイヨシノ以外の桜や菜の花、シャカ、ニシキモクレン、ハナダイコンなど春の花は満開です。

千鳥ヶ淵緑道半蔵門口にある荘川桜(RD-S-80、しょうかわざくら)

存在だけでもロマン溢れる荘川桜。

蕾がキュッと口をつぐんで時を待っているようです。

荘川桜

荘川桜(しょうかわざくら)

この桜は、岐阜県天然記念物に指定されている「荘川ザクラ」(アズマヒガンザクラ)の種から育てた苗木を、同県高山市荘川町から移植した二世桜です。
「荘川ザクラ」は、御母衣(みぼろ)ダム建設に際し、固定に沈む運命にあった、当時樹齢四百年以上と言われた巨桜を、ダムを建設した電源開発㈱の初代総裁高碕達之助氏が、ふるさとを失う人々の心のよりどころにとの思いから、昭和三十五年に不可能と言われた移植を行い、奇跡的に根付き成長している由緒ある桜です。


荘川桜に見送られながら少し歩を進めると小彼岸桜(RD-S-74)が見えてきます。

千鳥ヶ淵にはこの樹だけですが、陽当たり良好!場所どりが良いでしょう?今が見ごろです。

小彼岸桜


続いて見えてくるのがオオシマザクラ(RD-S-62,64)です。こちらも今が見頃です。

とても立派な樹オオシマザクラ

花は可憐です


オオシマザクラを見て直ぐに急カーブがあります。

ここは陽当たりが良く、比較的ソメイヨシノの開花が進んでいるように見えます。

ベンチもあるので一休みするには、丁度よい場所です。

満開時は桜のアーチが出来ます


左手には、小ぶりで濃いピンク色の河津桜(RD-S-51)が、咲いています。大分葉桜になってきました。

早咲きの河津桜

鴨も優雅にお花見かな?