永田町の八重桜 天の川と関山

温暖な日々が続き、遂に八重桜まで咲き始めてしまったようです。

ここは、人通りも少なく花見としてはかなりの穴場かと思います。

溜池山王駅を背に進むと右が山王坂、左が山王切通坂(山王日枝神社の北から西にかけて回り込む坂)となっています。

いずれも登坂ですが、山王坂は天の川という白い八重桜が咲き誇っており、山王切通坂は濃いピンクの関山が美しい街並みとマッチして可愛い姿を見せています。


天の川(あまのがわ)

オオシマザクラ系のサトザクラで、最大の特徴は直立性であるということ。全ての枝は横に張らないで、空に向かって真っすぐに立ち上ります。全体的に見ると円柱状に育ち、まるで桜の滝のごとく美しいです。 天の川のように見えることからアマノガワと名付けられました。横に枝が張らないので、場所を取らず、狭い場所でも楽しめます。箒型の樹形を楽しむサクラなので剪定はあまり必要なく、枯れこんだ枝を取りのぞく程度で良いです。


※最寄り駅は、東京メトロ南北線 溜池山王駅