国立劇場前庭 仙台屋(instagram)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

🌸ホームページ「麹町界隈わがまち情報館」で桜特集ページ公開中! プロフィールからぜひご覧ください🌸 本日の麹町界隈は昨日よりも雲が少なく、青空が見えることも多い天気です☀ 昨日は生憎の曇り空の下だった国立劇場(隼町4-1)前庭に再び馳せ参じ、桜の様子を見てきました。 10種類もの桜の木が立ち並ぶ中で今回の投稿は仙台屋(センダイヤ)を紹介します。劇場の敷地への入口に門構えのように立つこの木は「仙台」という名前ですが、元は高知県高知市にあった桜です。 仙台屋という店の庭にあったヤマザクラの一種で、高知県出身の植物学者である牧野富太郎博士が命名したと言われています。 国立劇場の説明には「ソメイヨシノより数日遅く開花し、その年の気候によって変わりますが、おおむねソメイヨシノが散り始めの時が見ごろです。」とありますが、今年はその例外のようで、麹町界隈のソメイヨシノより早い開花を迎えています。 今年は国立劇場のさくらまつりも中止となってしまいましたが、桜の美しさは変わりません。外出が難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、当アカウントをぜひご活用ください☺ #麹町界隈 #国立劇場 #隼町 #国立劇場前庭 #内堀通り #仙台屋 #センダイヤ #牧野富太郎 #さくら #サクラ #初春 #桜吹雪 #蕾 #桜の蕾 #麹町界隈桜だより2020 #麹町出張所地区連合町会

麹町界隈わがまち情報館(@wagakoujimachi)がシェアした投稿 –